クラビットはクラミジアなどの性感染症治療に使用されるほか、扁桃炎や喉頭炎などといった呼吸器感染症の治療にも使われています。当サイトではクラビットの情報を幅広く紹介したいと思います。

2017年02月の記事一覧

クラビットの副作用による強迫性障害の反応について

クラビットはクラミジアなどの細菌感染に効果を発揮する抗生物質として非常に普及している薬剤ですが、その容量を誤ると精神疾患などの副作用を起こす危険が有るので注意が必要です。特に薬剤などを分解する働きを行う肝臓の機能が未成熟な子供や機能が衰えている高齢者などには細心の注意を払って投与を行わないと、意外な形での精神疾患を生じてしまうことが有るので注意が必要です。
高齢者のクラビットの副作用としては記憶障害がもっとも起こりやすい反応として知られていますが、その反応の中には強迫性障害と言われる疾患もあります。その症状も一種の記憶障害からなるとみられる部分も多いのですが、例えば鍵を掛けたのに何度も確認を行ったり、手を洗ったのに何度もしつこく手を洗うと言った行為がみられるため、この行為が単なる記憶障害なのか、それとも妄想からなるものなのかを明確に判断する事が難しいため強迫性障害と混同される可能性も高いのです。
クラビットの副作用による強迫性障害と見られる行動は基本的には記憶障害から来ることが多く、その障害が無くなるにつれ症状も無くなることが多いものです。その為、強迫性障害と見られる反応もクラビットによる記憶障害が強迫性障害と思われる行動を生み出していると考えられ、実際には厳密な意味での強迫性障害ではないと推察されるものです。
クラビットの副作用を避けるためには、肝機能が低下している高齢者については成人の服用量よりも少ない量を服用することが求められるものです。また、記憶障害は高齢者の認知症と非常に酷似しており、断片的に記憶が欠開くすると言った症状がみられることから非常に誤解されやすいという特徴があります。その為、強迫性障害や認知症とクラビットの副作用による記憶障害を明確に見極めることが必要です。

続きを読む