クラビットはクラミジアなどの性感染症治療に使用されるほか、扁桃炎や喉頭炎などといった呼吸器感染症の治療にも使われています。当サイトではクラビットの情報を幅広く紹介したいと思います。

2016年12月の記事一覧

クラビットとベトナムと小児について

日本は、性感染症患者が増えています。
国内では、10代の若者の性感染症患者の増加が社会問題になっています。
日本人の中には、タイやベトナムなど東南アジアへ旅行に行き、クラミジアや淋病にかかる人も少なくないです。
東南アジアの貧しい地域では、若い女性や小児がいる売春宿があります。
衛生に問題がある売春宿で、性病に感染する人も多いです。
日本で患者数が多い性感染症のひとつが、性器クラミジア感染症です。
高校生の患者もいる性器クラミジア感染症は、クラミジアが生殖器や泌尿器に感染することで発症します。
性器クラミジア感染症は、自覚症状がないケースが多いため、知らないうちに感染を広げてしまうリスクが高いです。
特に女性は、クラミジアに感染して症状が悪化すると、不妊症になることもあるので注意が必要です。
女性は、粘膜の面積が広いため、性病に感染しやすいのです。
男性の場合は、クラミジアに感染すると、尿道炎を発症します。
ペニスから膿が出たり、かゆみなどの症状が出ることもありますが、無症状のケースも多いです。
性器クラミジア感染症は、適切な治療を早めに行うことで、回復も早くなります。
検査をして性器クラミジア感染症だと判明したら、クラミジアに有効な抗生物質を服用します。
通常、薬は数日服用しますが、症状によっては2週間以上服用するケースもあります。
クラビットは、性器クラミジア感染症の治療に使われる薬のひとつです。
クラビットの主な成分はレボフロキサシンで、細菌のDNAの複製を防ぎます。
クラビットは、性器クラミジア感染症や淋病だけでなく、膀胱炎や前立腺炎などの治療にも使われます。
性感染症は、本人だけでなくパートナーも感染の危険があるので、パートナーも一緒に性感染症の検査を受けた方が安心です。

続きを読む