クラビットはクラミジアなどの性感染症治療に使用されるほか、扁桃炎や喉頭炎などといった呼吸器感染症の治療にも使われています。当サイトではクラビットの情報を幅広く紹介したいと思います。

2016年11月の記事一覧

避妊具使用でも危険、クラビット服用のタイミング

クラミジアというのは、病原性のある細菌の一種ですが、細胞のなかでしか増殖しないという、やや特殊な性質をもったものです。この細胞内というのは、人体に入り込んで、人体の細胞内で増殖するということを含んでいますのが、これがクラミジア感染症とよばれるものの正体になります。性行為によって感染する病気を性感染症と総称していますが、なかでも性器クラミジア感染症は、日本人にもっとも多い性感染症であるということができます。この病気にかかった場合、女性はあまり症状が出ないことが多いものですが、男性の場合には、性器から分泌物が出たり、排尿のときに痛みや痒みがあったりします。こうした感染症を避けるために、避妊具を着用して性行為をするというのは、意義のあることといえます。ただし、避妊具も万能というわけではなく、適切な装着方法でなかった場合には、やはりクラミジアに感染する危険性はあるものです。また、クラミジアが感染する場所というのは性器にとどまらないものですので、たとえば女性が男性にオーラルセックスをした場合には、女性ののどの粘膜に感染してしまい、咽頭クラミジア感染症とよばれることがあります。こうした場合、病院で検査を受けて、クラミジアが感染していることを確認した上で、クラビットなどの医薬品の投与を受けるのが望ましいといえます。クラミジア感染症は、実際に感染してから多少の潜伏期間がありますが、早ければ数日後には症状が出ることがあるため、そうしたタイミング病院を受診すればよいでしょう。それとともに、性行為の相手のほうも同じくクラミジアに感染している可能性が濃厚ですので、やはりクラビットなどの処方を受けるためにも、相手のほうも受診すべきです。

続きを読む