クラビットはクラミジアなどの性感染症治療に使用されるほか、扁桃炎や喉頭炎などといった呼吸器感染症の治療にも使われています。当サイトではクラビットの情報を幅広く紹介したいと思います。

2016年09月の記事一覧

子宮筋腫は遺伝するのか?炎症に使えるクラビットとは

子宮筋腫とは、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて発育する良性腫瘍のことです。婦人科の腫瘍のなかでは一番多い病気で、害のない非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性に存在します。子宮筋腫ができる原因は解明されていなく不明な点が多いですが 思春期から増えてくる性ステロイドホルモンの影響によって生じるという仮説が一般的です。子宮筋腫の遺伝に関しては、遺伝子的にも証明されていないことから、遺伝しない病気という説が優勢です。 しかし、身近な家族に子宮筋腫を患った経験のある人が多いことがあり、そのような場合は遺伝したというより、似たような生活習慣や食事を行うことにより、自然と筋腫が発生しやすい体質に似てきてしまうのが原因と考えられています。実際に、近年の食文化が欧米化してきたことによって、日本人の子宮筋腫の発生率が高くなってきています。
クラビットは、体内に侵入した細菌を殺菌する抗菌剤の一種で、細菌を原因とする色々な病気に用いることができます。尿路感染症をはじめ、呼吸器や皮膚および耳鼻科領域などの感染症に利用され、子宮内感染による子宮筋腫の炎症を抑えることもできます。細菌の増殖に必要なたんぱく質の元となる、核酸の生成を阻害して細菌を死滅させる作用があります。ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬で、従来使用されていた抗菌薬と比較して菌に対抗する力が強く、様々な細菌に有効というメリットがあります。また、病巣への移行が良いのが特徴で、飲み薬では治療の難しかった感染症にも良い効果を示すことがわかっています。副作用が少ない薬ですが、発疹やかゆみなどのアレルギー症状、日光過敏症が現れる可能性があります。

続きを読む