クラビットはクラミジアなどの性感染症治療に使用されるほか、扁桃炎や喉頭炎などといった呼吸器感染症の治療にも使われています。当サイトではクラビットの情報を幅広く紹介したいと思います。

クラビットの特徴まとめ

クラビットは、抗菌薬の中でもニューキノロン系薬に分類されます。成分は、レボフロキサシン水和物です。ニューキノロン系抗生物質は、最近のDNA複製に関わる酵素である、DNAジャイレースとDNAトポイソメラーゼIVを阻害することで、その効果を発揮します。殺菌作用は、濃度依存的と言われており、投与する場合は、1日1回の投与を行うことで、最高血中濃度を高くする方法が効果的であるとされています。実際、以前の、クラビットの内服の方法としては、100mgの錠剤を1日3回服用することがほとんどでしたが、現在では、259mgあるいは500mgの製剤を1日1回服用することが多いです。クラビットは、大腸菌や、肺炎桿菌などの腸内細菌、インフルエンザ桿菌などのグラム陰性菌に対して強い抗菌活性を示すことも特徴の一つです。また、グラム陰性菌からグラム陽性菌までをカバーする広い抗菌スペクトルを持つこと、また、高い組織、細胞内移行性などを持ちます。適応症としては、幅広く、呼吸器感染症、骨・関節感染症、皮膚・軟部組織の感染症、長官・腹腔感染症、泌尿・生殖器感染症など様々です。薬剤の剤形としては、細粒、錠剤、注射薬また、点眼薬などがあります。内服薬については、基本的には、1日1回、500mgを服用します。腎臓の機能によっては、その量を減らす必要があり、腎機能障害のある方や、高齢者はその量に注意が必要になります。また、副作用としては、アレルギー症状の他、悪心・嘔吐や食欲不振、下痢などの消化器症状の他、頭痛やめまいなどの中枢神経症状などがあり、服用開始後は注意が必要です。また、皮膚病変として、光線過敏症があり、これについても注意が必要となります。